まったり掲示板 ターボMAX改
まったり掲示板 ターボMAX改
[遺跡馬鹿トップに戻る] [投稿された写真たち] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色
 +++まったり掲示板ターボMAX改の特徴+++

画像がアップできます。

投稿された写真をまとめて見ることができます。
上の「投稿された写真たち」をクリックしてください。

記事を投稿者が修正・削除できます。


【お知らせ】
業者の書き込みに対応するため画像投稿は管理人のチェックの後、掲載する方式を取ることにしました。

投稿すると「COMING SOON」と出ます。

ご迷惑をおかけしますが、しばらくの間、ご協力をお願いいたします。
・画像は管理者が許可するまで「COMING SOON」のアイコンが表示されます。

いよいよ年末年始 投稿者:梅小路久彦 投稿日:2016/11/20(Sun) 12:40 No.3016 ホームページ
管理人様、

『ヘソに玉がくっついて、その力で財を成した男のもとへ…』…「地相眼」、2作目の名作ですね。原作は実は鬼太郎ではなく、水木先生の短編作品なのですが、勧善懲悪的なストーリー展開に縛られることがない分、水木ワールド炸裂!という感じです。
この作品に限らず、鬼太郎2作目は人間の業とか抗えない運命や文明社会の風刺とかいった内容を描いた話が多くて気に入っています。子供向けには厳しいとは思いますが(汗)。

さて、いよいよ年末年始が近づいてきましたね。私は今年は西メキシコ・モレーリアを起点にタラスコ王国の遺跡を巡ってくる予定です。
向こうで過ごせるのは実質3日ですが、目一杯遺跡を堪能してきます。

それではまた。

久しぶりに沢木耕太郎さんの文章を読みました 投稿者:管理人 投稿日:2016/11/11(Fri) 21:03 No.3013
ども、管理人です。


与那国島へ行く準備として色々と歴史を調べています。
戦後、台湾との闇貿易が盛んだったということで、それを題材にした沢木耕太郎さんの『視えない共和国』という短編を読みました。
沢木さんが与那国島を訪れ、現地の人たちから当時の様子を聞き取る…という内容です。
与那国島は台湾まで110キロほどしか離れていないため、結びつきがとても強かったそうです。
沢木さんの文章が読みやすく、さらに与那国島に対する興味が沸きました。


梅小路久彦さん
ども! 水木しげる先生のファンだったとは!
私もアニメや漫画を良く読みました。
アニメの「だるま」は私も震え上がりました。
あとヘソに玉がくっついて、その力で財を成した男のもとへ玉を返せと妖怪がやってきて、代わりに息子が玉になる話とか、異国のジャングルで夜になると幽霊が歩き回る話とか。
あとは妖怪辞典みたいな絵で「すねこすり」とか印象に残っています。
水木先生の聖地めぐり、まだまだたくさんあるんですね。
旅の目的地が増えるのは良いことですね。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ずいぶん長い間「国内旅行」をしていないので、何を持って行ったら良いのか悩んでいます。
うっかりパスポートとか持って行きそうです。

じゃ、また!(´ω`)ノ~~~

妖怪 投稿者:梅小路久彦 投稿日:2016/11/06(Sun) 20:30 No.3010 ホームページ
管理人様、
妖怪マニアってわけではありませんが、水木しげる先生は昔からファンでしたね。
「悪魔くん」は未見ですが、「ゲゲゲの鬼太郎」は1作目から観ていました。さすがに幼かったので何作かをおぼろげながら覚えているだけですが(「ぶるぶる」、「おとろし」、「だるま」の回。あと、詳細は覚えていませんが、「船幽霊」が出てくる回と、寺で井戸から水を汲もうとすると中から妖怪が這い出てくる回)。

岩手の遠野に行ったのは一昨年のことですが、昨年、水木先生があの世へお引越しされたこともあり、今年は春に調布市を訪れ、そして今回、境港を訪れることができました。

「妖怪は見るものでなく感じるもの」というのは水木先生のお言葉ですが、本来見えないはずのものを見えるようにしたのが水木先生最大の功績でしょう。
境港の水木しげるロードには妖怪ブロンズ像が現在153体、水木先生のルーツがある隠岐にも11体あり、この先も更に増えると期待されます。
またいつか訪れたいと思います。

ラスコー展、行ったドー! 投稿者:管理人 投稿日:2016/11/02(Wed) 22:48 No.3006
ども、管理人です。

「ラスコー展」へ初日に行ってきました!
意外とお客さんもいて賑やかでした。
展示方法がいつもと違う雰囲気なのに気がつく人もいるかもしれませんね。
フランス発の巡業展示なので、その辺も意識して回ると楽しいかもデス。
また行くつもりなので、買った図録を読み込んで再訪問したいです。

与那国島へ行くために資料集めをしています。
戦前の記録を見ると台湾との交流がとても濃くて、今よりすごく活気があったそうです。
『DR.コトー診療所』のロケ地でもあるので訪問が楽しみです。


梅小路久彦さん
ども!お久しぶりです。
鳥取訪問、お疲れでした!
水木しげるさんのファンなんですか? それとも妖怪マニア!?
青山剛昌さんが鳥取人だったとは! 初めて知りました!
サイトを訪問して写真を拝見しましたが、なんかデカイですね!
近くで観ると圧迫感があるんじゃないでしょうか。
『ティワナク・チムー・マヤ』が混じっていたら、「おい、それはちょっと無理があるよ!」と言いたくなる気持ちも分かります!
見分けがつく人にとっては、気になっちゃいますよね。
でも「私の考えた南米遺跡」って感じなのも良いですね。
「マチュピチュ」とか良く出来てます。
鳥取の地震被害はニュースで観ただけなのですが、被害に遭われた方達は本当に大変だったと思います。
観光客が減って観光業が大打撃だそうなので、こういうイベントをもっと発信して鳥取を元気にすることも必要ですね。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

神保町の古本祭りへ行ってきました。
戦利品は少量でしたが、面白い本が買えました。

「国立科学博物館」で日本の石に選ばれた「翡翠の原石」を観てきました。
見てすぐ翡翠と分かるモノもありますが、言われないと分からない普通の瓦礫みたいなものもありました。
「シーボルト展」もやっていて、ここでもいくつか「石」の展示がありました。

じゃ、また!(´ω`)ノ~~~

鳥取 投稿者:梅小路久彦 投稿日:2016/10/29(Sat) 22:03 No.3003 ホームページ
最近、地震が多く先週も鳥取で被害が出ましたが、その鳥取に先週土日に行ってきました。
出発前日に地震が起きたのでちょっと悩みましたが、目的地は被害がないと聞いたので、予定通り行ってきました。
あ、今回の目的は遺跡じゃないですよ。鳥取砂丘と境港の水木しげるロード、時間があれば松江城に足を延ばそうと思っていましたが、さすがにそこまでの時間はありませんでした。
幸い地震の影響はほとんどなく(青山剛昌ふるさと館は休館になったようですが)、日曜日の午前中に少し降った程度で天気も比較的良かったです。

鳥取砂丘の「砂の美術館」は「砂で世界旅行・南米編」がテーマでなかなか良かったです。砂像の中には、ティワナク・チムー・マヤがごちゃ混ぜになっているのもあったりして(笑)…まあ、芸術作品が学術的に正確である必要は必ずしもないわけですが。
水木しげるロードの境港駅では丁度駅前に来ていたねこ娘の前にねこ娘列車が偶然停車して、なかなかの写真をモノにできました(笑)。
水木しげるロードにある妖怪ブロンズ像が隠岐にも設置されていることが今回分かりましたので、またいつか行きたいものです。
それではまた。

感想掲示板を変えました! 投稿者:管理人 投稿日:2016/10/03(Mon) 22:43 No.2993
ども、管理人です。


今度、与那国島へ行ってきます!
2度アフリカを往復したらマイルが貯まりました!
マイルを使ってチケットを取るのは初めてだったのでドキドキでした。

もちろん目的は「海底遺跡」です。

ダイビングは出来ないのでグラスボートに乗って見学することになると思います。
国内旅行は久しぶりなので、逆に緊張しちゃいますね。

遺跡番組の感想を書いていたブログが使えなくなっていたことに気がつきました。
ずいぶん昔に設置したモノなので、プログラムのバージョンが合わなくなって自滅してました…。
最近、面白い番組もなかったので、長い間使っていませんでしたが、壊れて読めなくなったのには困りました。
新たに設置したモノはデザイン等、まだ希望通りではないのですが、ゆっくり育てていこうと思っています。
過去の感想もゆくゆくはアップしたいと思っています。

では、また!(´ω`)ノ~~~

エチオピア編の続きをアップしました 投稿者:管理人 投稿日:2016/08/13(Sat) 22:55 No.2969
ども、管理人です。


エチオピアの旅行記をアップしました。

  ・ラリベラ
  ・ゴンダール
  ・バハルダール

この3都市を仕上げました。
集中力が欠けていて、内容は薄いのに時間ばかりかかりました。
まぁ美しい写真と詳細な説明は誰かのブログでも観ていただければと思います。

「シン・ゴジラ」を観てきました!
もともとゴジラ好きですが、この映画はまた別腹って感じで楽しめました。
形が少しぽっちゃりなので、「デブゴジ」とか呼んでましたが、大きなスクリーンで観ると、あの太い太ももや丸いアゴもカッコ良く見えました。
今度のゴジラは目が小さくて、「オオサンショウオ」に似てました。
本当に楽しくて、何度も声を出して笑いそうになりました。
オススメです。

じゃ、また!
次はアディスアベバ編をアップしたいです。(´ω`)ノ~~~

アディスアベバ周辺の遺跡をアップしました 投稿者:管理人 投稿日:2016/07/26(Tue) 22:56 No.2967
ども、管理人です。

同日で大妖怪展とギリシャ展に行ってきました。
妖怪の方は江戸東京博物館なので、昼飯は鳥料理を食べてきました。
妖怪展で印象的だったのは、のぞき込むカエルたちです。


古代ギリシャ展古代ギリシャ展は展示物も良かったですが、部屋ごとの空間装飾が素晴らしかったですね。
特にミケーネ遺跡の「獅子門」はすごく良く出来ていました。
今回の展示のポイントはずばり「尻」でしたね。
現地でも尻ばかりを観てきましたが、今回も「尻」を堪能させていただきました。
絵は最初に展示されていた「尻の土偶」です。
こういうの大好きです。


ようやくエチオピアのサイトをアップしました。
…といっても、とりあえず「アクスム」と「アディス周辺」の遺跡のページだけです。
説明も少ないですが、現場のふんいきだけでも伝われば…と思っています。


ようめいさん
ども!旅行の計画、順調に進んでいるようで何よりです。
トゥルクに行かれるんですか! 
私はストックホルムからの船が港についてから、すぐにバスターミナルに移動したので街を観ていません!
なので羨ましいです。
ホテルは自炊出来るんですね! 流行の「チョイ住み」体験が出来ますね!楽しそうです。
私も古代ギリシャ展に行ってきました。
たっぷりの展示物で、またギリシャの深い文化に触れることが出来て良かったです。
牛の頭、意外に小さかったですね、もっと大きいのを想像していました。
ギリシャ展では何も購入しなかったのですが、妖怪展で「妖怪シール」を買ってきました(笑)
最近はシールとか好きになっちゃって、買う物が子供みたいです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

先日のエジプト発掘番組、観ましたか!
ネフェルティティ女王は4回くらい名前を変え、最後にはファラオになったとか!
スメンクカーラーと名乗った!とか。
なんだかビックリする話ばかりが紹介されていましたね。
私はあんまり信じてないけど。
でもツタンカーメン王の謎の部屋は関心があります。
いずれは穴でも開けて中を調査するでしょうね。
でも今のエジプトでそんな調査を行うのは無謀な気もします。

じゃ、また!(´ω`)ノ~~~

こんばんは、旅の季節がきました! 投稿者:ようめい 投稿日:2016/07/23(Sat) 21:42 No.2966
いつもアドバイスありがとうございます。

いろいろ、よろよろ調べて、真ん中でヘルシンキートゥルクーナーンタリ(ムーミン)日帰り、列車の切符の取り方を、歩き方Q&Aで質問しました。
帰る前に、タリンの日帰り。フェリーはこれから日本で買います。
なんにもないかと思いきや、いろんなブログをみると、行くべき所はありますね。とりあえず、水と緑の国を楽しんでこようと思ってます。
取ったホテルが、いまはやりの航空券+タダのところで、いつもは絶対しないんですが、レンジとかポットとか冷蔵庫とじゃあるようなんで、初めて食料持参で行くつもりです。レンジOKのコップも100円ショップで購入。部屋はWi-Fiできるから、スマホでなんとか。
近づいてきたら、やっぱりわくわくしますね。がんばります。

ところで、今日めずらしく休めたので、以前キトラに一緒した友人と、東博の「古代ギリシャ」に行ってきました。
紀元前から、アレキサンダー大王、ヘレニズムまで長い期間の展示物が一杯でした。みやげにギリシャのラスクを買いました。

この夏も展示会多いですね! 投稿者:管理人 投稿日:2016/07/07(Thu) 21:27 No.2965
ども、管理人です。


順調にエチオピア編のサイトを作っています。
美しい写真や格調高い説明は他サイトを見ていただくとして、私の方はつまんない写真と駄文をお届けしようと張り切っています。
エチオピアで心残りだったのは食事です。
とにかく着いた日からお腹が悪くなり、現地の食事をあんまり食べられなかったのです。
標高とか生煮えとか油とか…色々と原因はあったと思います。
でも有名なインジェラは食べてきました。
すっぱい今川焼きの皮って感じでした。


ようめいさん
ども!無事に帰国しました。
ダニに悩まされましたが、それ以外は濃くて楽しい旅をすることが出来ました。
ちょうど雨季が始まる頃でしたが、ギリギリお天気に恵まれました。

ヘルシンキ予約、お疲れ様でした。
後は細かい予定を立てるだけですね。
北欧ブームだし、きっと楽しい旅になると思います!
サンクトペテルブルグって日帰りも出来るんですね!
行ってみたいところなので、すごく羨ましいです。

タリン往復のフェリーは早めに購入すると良いと思います。
船は意外と小さく、利用する観光客は多いので私の場合は乗りたい船に乗れませんでした。
タリン行きの船はそれほど揺れることもなく、甲板でボーッと風に吹かれているうちに到着しました。
タリンの城内には洒落たレストランもあるし、観光名所も多いので楽しいですよ。
とても絵になる街なので夢中になって写真を撮ってしまうと思います。
治安は良いのですが、ヘルシンキよりお酒が安く飲めるそうで酒目的の人が夜は多いかも。
夜の観光はほどほどが良いですね。
スオメンリンナ島はそれほど大きくないので、1時間くらいで見終わってしまうかも。
本土側の港のマーケットには屋台もあるので食べ歩きも楽しいと思います。
ムーミンワールドは行っていませんが、フィンランドのバスは時間に正確でした。
ネットから時刻表を見ることも出来ます。
田舎のバス停にも時間通りバスがやってきました。
参考になるブログも多いので、買ったばかりのプリンターがきっと良い仕事をしてくれると思います。
なにかあれば聞いて下さい。
ドケチ旅であんまり参考になりませんが、出来る限りお手伝いしたいです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

いよいよ夏! 展示会も盛り上がってきました。

トーハク:ギリシャ
カハク:海のハンター
エドハク:妖怪

どれも楽しみです!

じゃ、また!(´ω`)ノ~~~

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -