まったり掲示板 ターボMAX改
まったり掲示板 ターボMAX改
[遺跡馬鹿トップに戻る] [投稿された写真たち] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色
 +++まったり掲示板ターボMAX改の特徴+++

画像がアップできます。

投稿された写真をまとめて見ることができます。
上の「投稿された写真たち」をクリックしてください。

記事を投稿者が修正・削除できます。


【お知らせ】
業者の書き込みに対応するため画像投稿は管理人のチェックの後、掲載する方式を取ることにしました。

投稿すると「COMING SOON」と出ます。

ご迷惑をおかけしますが、しばらくの間、ご協力をお願いいたします。
・画像は管理者が許可するまで「COMING SOON」のアイコンが表示されます。

日本にもピラミッドはあったのだ! 投稿者:管理人 投稿日:2010/06/29(Tue) 23:30 No.1363
ども、管理人です。


ようやっとスイスの筋肉痛が癒えてきました。
今回とにかく足を酷使したので帰国してから反動がドーン★と来ました。
写真を見直すと、あまりのへっぽこ写真ばかりに涙しましたが、これは毎回の事だし、撮影のセンスって自分ではどうにもならないのであきらめてます…(´;ω;`)

というわけで、「すなねぃる」というソフトを使って、パラパラ写真を作ってみました。
一般人用に選んだ写真で作ってしまったので、たいくつな写真も多いです。
次は濃くて遺跡好きにはたまらない厳選写真ばかりでパラパラさせたいです。


梅小路久彦さん
どもども! 葦嶽山情報をありがとうございます。
私も情報集めをよくやりますが、レンタカーでさーっと行って、さーっと帰ってくる人たちが情報をアップしていることが多いので、公共機関を使って現地入りする情報はとても貴重です。
いつか行く日のために、大切にこの記事を保存させていただきます。
雑貨屋が観光案内所を兼ねているなんて、それだけでワクワクしますね。
そこは同じような目をした巨石マニアが訪れるんでしょうね〜。
店番をしているのは怪しい風貌のじいさんで、山の事を尋ねると、大きな目玉をギロギロさせて意味ありげに笑ってくれたりすると萌えますね。
今、パワースポットということで古い観光地が注目されているので、葦嶽山のピラミッドが再注目されるのも近いと思います!
そこで売られているというキーホルダーですが、そんなところにも定番おみやげアイテムを販売する日本人はサスガですね。
「葦嶽山まんじゅう」とか「登山記念まんじゅう」なんかもあったら楽しいですね。


sarsenさん
ども! 「世紀末オカルト学院」の情報、ありがとうございます。
さっそく公式サイトを見てきましたが…昭和の香りがぷんぷんとする内容でした ( ´艸`) うへへ
スプーン曲げとか単語を見るだけでもドキドキ★です。
おまけに主題歌はしょこたんなので、これは嬉しいです!(目指せ2回目の紅白出場!!)
どんな内容になるのか今から楽しみです。

葦嶽山ピラミッドの破壊の件ですが、ムー(1982年5月号)の記事に出てました。
記事によると昭和9年に酒井がピラミッドを発見し、著書「太古のピラミッド」を発行したとたん、ピラミッドは観光地となり、一時は茶店まで設けられたそうですが、昭和11年頃、本は発禁処分となり、それと同時に葦嶽山の登山禁止。
そして特高警察によって太陽石と列石は谷底にころがり落とされたそうです。
落とされた石の所在が気になりますが、当時は手荒いことをしたんですね…。
古い記事を読んでいたら、私も現地に行ってみたくなりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

上野の国立博物館で中国文物展が始まりますね。
何か新しい出会いがあるか、楽しみです。

じゃ、また(´ω`)ノ~~~

お帰りなさい \(^o^)/   投稿者:sarsen 投稿日:2010/06/28(Mon) 02:49 No.1362 ホームページ
スライドショーは写真の切り替え方が凝ってますね
旅行記もお待ちしてます
アイスマンのフィギュアのUPが見たいです(笑)

> 梅小路久彦さん
とてつもなく遅レスですが、葦嶽山は山頂などに、もっと遺跡?が在ったのですが、太平洋戦争中、軍に邪教の物として破壊されてしまったと何かで読んだ記憶があります
所有本をひっくり返してみても、確認できなかったのですが‥‥

同じく日本のピラミッドと言われる長野県皆神山を舞台にしたアニメが7月から始まります
「世紀末オカルト学院」
http://www.occult-gakuin.jp/
2010年に世紀末って‥‥?
とは言え、期待してるのですよ

葦嶽山情報 投稿者:梅小路久彦 投稿日:2010/06/22(Tue) 22:01 No.1361
おかえりなさい。なかなか濃い内容の旅だったようですね。
遺跡を充分堪能できたようでなによりです。
さて、葦嶽山ですが、大勢の人が押し掛けるようなことはないと思いますが、それなりに行く人は居るようです。
ただ、ネットで調べると車での行き方は載っていても公共交通機関での行き方は見当たりませんでした。
ご参考まで、行き方は下記の通りです。
広島市のバスセンターから高速バスで庄原市のバスセンターまで約1時間45分。
そこから備北交通バスの本村線で約30分、上本というバス停が最寄りとなります。ただ、この本村線、予想通りと言うか本数がやたらと少ないです。
平日は往復各7本あるようですが、土曜日は4本、日曜日は昼と夕方の2本しかありません。
しかも上本から庄原市内に戻る土日の最終バスは13時過ぎ。
仕方がないので行きは庄原バスセンターから葦嶽山の登山口までタクシー、帰りはバスを使いました。
往復ともバスなら、上本で降りて葦嶽山に登って再び上本のバス停まで4時間といったところだと思います。
山自体には観光地としての施設はほとんど整っておらず、所々に看板が立っているだけです。
上本のバス停前にある大江商店という雑貨屋が観光案内所を兼ねていて、葦嶽山に関する新聞や雑誌のファイルを見せてもらえます。
中には、昭和9年(!)の酒井勝軍氏に関する報道記事まであり、なかなか面白かったですよ。ま、記事はコピーでしたが。
あと、葦嶽山に関するお土産があるかと思いましたが、キーホルダーが4種類ほどあっただけでした。
添付の写真は葦嶽山の向かいにある鬼叫山の神武岩と呼ばれる石柱です。ドルメンとか言われる岩は自然石にも見えましたが、この見事に四角く整えられた石はどう考えても人工物にしか見えませんでした。

帰国しました! 投稿者:管理人 投稿日:2010/06/21(Mon) 21:59 No.1359
ども、管理人です。


無事に帰国しました。
それにしても日本のむし暑さは格別ですね。
最後はチューリッヒに滞在していたのですが、こちらは朝晩に雨が降っても、むし暑さは感じませんでした。

で、遺跡ですが見てきましたよ〜!
遺跡のほとんどが山の上なので、道なき道を歩き、山を登り、時に泥坂をすべりおり、牛に追われ、蛇をまたぎ、ナメクジに挨拶され、そして雨、濃霧、風という過酷な気候の中、靴が濡れて臭くなったりしましたが、色々と見てきました。
ドイツ語が分からなかったため山中を2時間もさまよったり…。・゜・(つд`)・゜・。 でも頑張ったよ!
あと鍾乳洞と鉄道も楽しかったです。
そしてアイスマンも堪能してきました。
トップに飾った「アイスマンフィギュア」はとても気に入っています。
いつものへたれ写真満載のページをそのうち公開したいです。

写真はスイスのラテーヌ博物館に飾ってあった人面石です。
なんだか哲学者のような風貌してます。


梅小路久彦さん
ども! 濃い国内旅行のレポート、ありがとうございます!
「BIZEN中南米美術館」の存在を初めて知りましたが、こんな素晴らしい博物館が地方にあったなんて…。
恐るべし焼き物の街、備前です!
公式サイトの雰囲気もとても良いですね。
館員さんたちの情熱が感じられました。

そして「葦嶽山」ですが、日本を代表するピラミッドとして有名ですが実際に行ったという人は多くないでしょうね。
登ってみてどうでした? そもそもアクセスしやすいんでしょうか。観光地としての設備は整ってましたか?
本などの写真を見ると、いかにも人工物らしい石組みがいくつも転がってみえるんですが、やはり現地での印象だと自然物に感じるみたいですね。
木が生い茂っていると本来の姿が確認できないので、「なるほど!これならピラミッドと呼ばれるだろう」と言えないのが残念です。
でも日本にだってピラミッドがあっても良いと思うので、さらなる解明に期待したいです。


ようめいさん
ども! 帰国しました!
海外ではどこもワールドカップ一色で、チューリッヒのユースホステル内にも巨大スクリーンを用意してサッカー中継を放送していました。
チューリッヒには14日に到着したのですが、その日はスイスがスペインに勝った日で、人々がチューリッヒ中央駅前に集まり、路面電車や車を止めて、100人くらいが気勢を上げていたのを目撃しました。
私はその止められていた路面電車に乗りたかったので、小雨降る夕刻の2時間、ずっとその集団を見守り続けてました。
結局、午後9時に解散させられ、道路掃除のおじさんたちが道をキレイにしてから路面電車は動き出しました。
ワールドカップ中はいつもこんな騒動らしいです。
日本では警察が来てすぐに解散になると思いますが、あちらでは見守る感じなのかな…って思いました。

旅行の準備はいかがですか?
休みの予定も決めたい頃でしょうが、まずは休みを取ることが先決ですね。
アジア便は分かりませんが、私が乗ったスカンジナビア航空は行きも帰りもほぼ満席でした。
航空券の確保も夏が近くなると難しくなるので、そろそろ行動を開始することが大切かと思います。
周りの理解が得られるよう、頑張ってくださいね! 応援しています!!


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

今回、一番おいしかったのは、イタリアのモッツアレラ・チーズが入ったサンドイッチです!
ハムとモッツが挟んであって、6ユーロくらいと高めですが、美味しかったです。
港町トリエステで食べたモノが特に印象に残ってます。

じゃ、また!(´ω`)ノ~~~

お帰りなさい(たぶん) 投稿者:ようめい 投稿日:2010/06/20(Sun) 22:42 No.1357
こんばんは。
お疲れ様でした。変な投稿が消えてましたから、お帰りなさい!でよいでしょうか。
今(興味は全くないですが)サッカーWCで、よく知らないとこまで出てたりして。とにかく、報告を楽しみにています。

さて、こちらの旅は、異動でなんだか休みがとりずらく、まだもたもたしてます。(涙)でも、勇気をだして休みをもらうぞっと。こちらで九寨溝のツアーを予約してみようかと思っています(初体験です〜)また、アドバイスお願いします。
疲れとってくださいね。日本はムシムシしてますよね〜。

葦嶽山が遺跡かどうかは正直微妙です 投稿者:梅小路久彦 投稿日:2010/06/06(Sun) 22:44 No.1350
本日、葦嶽山を訪問してきました。
一応、ご存じない方のために説明しておきますが、葦嶽山というのは昭和9年に酒井勝軍という人物が「古代日本のピラミッド」と断定した山です。
どの方向から見てもピラミッド型をしているというのですが…そもそも周辺は木々が生い茂っているために山容が確認できる場所がかなり限られているので、確かめようがありません(汗)。
向かいの鬼叫山には人工的な石組みもあるというのですが…確かに人工的な雰囲気のある岩はありました。ただ、全てが人工物と断定できるかというと…?
しかし、直立した巨大な石柱が1本あり、これは明らかに人工物でした。
まあ、雰囲気に浸れるかどうかが楽しめるかどうかの分かれ目でしょう(笑)。

私も国内旅行中です 投稿者:梅小路久彦 投稿日:2010/06/05(Sat) 21:01 No.1349
ごぶさたしております。梅小路久彦です。
管理人様は今頃、旅の空の下ってとこでしょうが、実は私も旅行中だったりします。日本国内ですけどね。
今日は、岡山県備前市にある BIZEN中南米美術館というところに行ってきました。はっきり言ってあまり期待はしていなかったんですが、保存状態の良い中南米の土器や石碑が展示されていて非常に見応えがあり、小さな美術館にもかかわらず、一人で3時間もこもってしまいました(笑)。
正直、なんでこんな所に…?って印象です。
今日は広島で一泊して、明日は日本ピラミッド(?)葦嶽山を訪問して東京に戻ります。

準備に大忙しです 投稿者:管理人 投稿日:2010/06/01(Tue) 21:00 No.1348
ども、管理人です。


いよいよ出発が近づいてきました。
行きは早起きしなくてはならないので、今からドキドキです。
先週、スロヴェニアに行って来た人に会ったのですが、日中の気温差が激しいと言ってました。
スイスの山も歩く予定なので、寒さ対策もしなくてはならないので、本当に面倒です。
現地の天気をネットで確認したところ、みごとに「雨。雨。雨」でした…。
私が滞在している間、ずーーーーーっと雨マークなのはどうしてでしょうか! 
6月は一年の中で一番旅行に最適と出ていただけに残念です。

というわけで、スニーカーを買いました。
メーカーは「ダンロップ」ですが、これってタイヤ作っていた会社ですよね…。
タイヤ屋のスニーカーは前が広く、後ろが適度に細くなっているので、足先が楽で疲れにくいです。
中敷きを敷いてますが、そんなにムレません。


ようめいさん
ども! ペルーは本当に遠いですね。
私もマチュピチュの映像をみるたびに、「自分もこんな所までよく行ったモノだ」と思います。
今回の訪問地は私も旅を計画してから知ったところが多いです。
実際、本当に行けるのか疑問だったりしますが、現地の観光局にメールしたりして色々と教えてもらってます。

夏の旅の目的地、そろそろ決める時期ですね。
ヨーロッパはユーロが111円台と安くなって行くなら今って感じですが、安い便を探すのは大変です。
どこへ行くにしても、安い飛行機のチケットを押さえるのが大変なので、頑張ってください。


迷子さん
ども! そろそろ出発が近づいてきて武者震いが止まりません!
アイスマンはもちろん楽しみですが、スロヴェニアの洞窟も早く見たいです。
世界ふしぎ発見で見てから、「ぜったいに行くドー!」と思っていました。
洞窟の中に川が流れているらしいので、どんな感じか実際に確かめてみたいです。

アイスマンはイタリアで発見されましたが、地図で発見地を見ると本当に国境ギリギリのところで倒れてしまったようです。
発掘記を読むと、彼の出現と発見は偶然とは思えない何かを感じます。
研究が進んで彼のふるさとが分かったら、その地にお墓でも作って欲しいですね。
(埋葬はおそらく無理でしょうが…)

最近は体力まかせの旅もしんどくなってきましたが、とりあえず頑張ってきます。
スイスは食べ物が美味しいらしいので、これも期待しています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

というわけで、行って来ます。

じゃ、また(´ω`)ノ~~~

行ってらっしゃいませ〜♪ 投稿者:迷子 投稿日:2010/05/30(Sun) 02:17 No.1345
いよいよご出発が近づいて来ますただね!
今年の目玉は・・やっぱアイスマン?!
長らく、どっちの所有かで揉めてた彼も
現在はイタリア側で終の棲家?に落ち着かれているんすね。
(スッカリ調査し終わったら、生まれ故郷の土に
横たえて上げたい気もするんだけど・・・・)

今回も、交通機関を乗り継いでの長丁場かな?
体調管理も御気を付けてお出掛け下さいませ〜。
無事のお帰りとお宝報告待ってますだョ。

コリカンチャがなつかしい。 投稿者:ようめい 投稿日:2010/05/26(Wed) 21:23 No.1342
こんばんは。
旅立ちまであと少しですか、計画はばっちりですね。
私の知らぬ地ばかりでございます。さすが遺跡様。

コリカンチャ、ペルーを思い出します。友人にも言われますけど、「よくぞ行ったよ、ペルーまで」

仕事忙しく、6月に入ったら、決めるぞ!と思っております。
私にとって未踏の地も、ここに来れば、「身近」になるかな。
気をつけて行ってきてください。
報告を待っています。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -