まったり掲示板 ターボMAX改
まったり掲示板 ターボMAX改
[遺跡馬鹿トップに戻る] [投稿された写真たち] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色
 +++まったり掲示板ターボMAX改の特徴+++

画像がアップできます。

投稿された写真をまとめて見ることができます。
上の「投稿された写真たち」をクリックしてください。

記事を投稿者が修正・削除できます。


【お知らせ】
業者の書き込みに対応するため画像投稿は管理人のチェックの後、掲載する方式を取ることにしました。

投稿すると「COMING SOON」と出ます。

ご迷惑をおかけしますが、しばらくの間、ご協力をお願いいたします。
・画像は管理者が許可するまで「COMING SOON」のアイコンが表示されます。

初めまして〜 投稿者:迷子 投稿日:2007/11/18(Sun) 04:49 No.800
深夜にネットをうろついていてこちらを発見!しました。
居たんですねー、巨石好きさんがっ!カルナックのページに
ウルウル感動いたしました。
アッシは先月英国はウェールズ地方を石探しに
放浪して来ました。(まだ時差ボケ治らず・・・)
これからもチョクチョク覗かせて貰いに来ます。
宜しくお願いします。

そろそろ暖房器具出動! 投稿者:管理人 投稿日:2007/11/13(Tue) 21:12 No.797
ども、遺跡馬鹿です。


探検ロマン世界遺産の「〜女神に抱かれた天空の花園〜ナンダ・デヴィと花の谷国立公園」を見ました。
インドにあんな谷があったんですね。
クライマックスに登場した青いケシの花がとても美しかったです。


sarsenさん
ども! 探検ロマンのティオティワカンですが、見てないかも…(´;ω;`)
これを見て、その後に世界ふしぎのマヤ遺跡番組を見たら、すごく分かりやすいですね。
陸続きだし、位置も近いから両者に共通した文化くらいあってもおかしくないと思いました。

あのゴーグルですが、初代王ヤシュクック・モの顔を良く見ると、ゴーグルのなかに目と瞳がちゃんと描いてありました。
だから、あれは顔の上に載せた円盤であることは間違いなさそうです。
私はティオティワカンの神と並べるのも面白かったですが、日本の亀ガ岡の遮光式土偶との接点もありそうな気もします。
ゴーグルをかけた亀ガ岡の漁師がウッカリ中米に漂着し、そこで異界から流れ着いた神として祀られ、それ以降、代々の王はゴーグルをつけるようになった…なんちゃって!(゜∀゜)ノ

研究が進んで、誰も予想出来ない驚愕の事実とか分かると面白いと思います!

貼ってくれた写真、なんでしたっけ?Σ(゜∀゜;)
良かったら教えてください!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

TBSの世界遺産「氷河」の中で「洞窟壁画 ラスコー」が紹介されてました。
あれを見て、もう一度、同じモノを作って日本で公開してくれないかな…と思いました。
やっぱ映像だけじゃあの凄さは伝わらないからですが、なんとかならないかな〜。

じゃ、また(´ω`)ノ~~~

ここではお久しぶりです 投稿者:sarsen 投稿日:2007/11/12(Mon) 02:26 No.796 ホームページ
まだ職場から書きこんでます(笑)

 NHK「探検ロマン世界遺産」【新大陸 謎のピラミッド文明〜メキシコ・テオティワカン〜】11月8日に再放送されました
(名古屋では本放送は特番でつぶれたようです)

で、ぶつけたわけでゃないのでしょうが、11月10日(土)放送「世界・ふしぎ発見!」(TBS系)は【密林の王国 マヤ繁栄の道】でしたね

どちらも発掘用トンネル内にカメラが入って行ったのにはコーフンしました

 ただ私は「ふしぎ」のゴーグルはアステカの楽園の神トラロックの目を模したと言う結論には「?」でした
 あの丸い目はゴーグルではなく、一般的な瞳の表現の一種に思えるのですが…

 旅番組の方は全くノーチェックでした


2535 - buy cheap coach tickets to london 2015/03/28(Sat) 10:00 No.2271 ホームページ
please

感想をアップしました 投稿者:管理人 投稿日:2007/11/10(Sat) 23:57 No.793
ども、管理人です。


遺跡番組もしばらくなかったので、ノンビリしてました。
久しぶりに「ふしぎ」で遺跡が出てきたので、さっそく感想をアップしました。

「見えた!ゴーグルの向こうに密林の王国マヤ繁栄の道」

なかなか面白い内容でした。

今晩の12chで放送された旅番組は、日本の昔話の舞台になったところを巡ったり、そこの名物料理を食べたりする内容だったのですが、とても興味深かったです。
「座敷わらし」が出る旅館の予約を聞いてびっくり。
来年から予約が始まり、泊まれるのは再来年からとか…。
でも万が一、座敷わらしに会えたら、すごい幸運が舞い込んでくるらしいので、私も泊まってみたいな…と思いましたが、根が鈍感なので、たとえ座敷わらしが目の前でリンボーダンスを踊ってくれても気が付かないような気がするのであきらめました。

遠野の河童も気になる存在です。
狛犬の頭にも河童の皿を乗せるという徹底した河童主義に感動しました。
毛を剃られた狛犬にしたら良い迷惑だろうけど。

探検ロマン世界遺産も見ました。
「花の谷」に咲く青いケシの花の美しさには参りました。
あんなに儚げな風情の花があるんですね。

次の次の次の「ふしぎ発見」はインドネシアのトラジャが紹介されるみたいでドキドキしています。
私が訪れてからずいぶんと経つので、いろいろ変わっただろうな。
予告を見ながら、「よくまぁ一人でこんな所へ行ったものだ」と自分で自分に感心してしまいました。

じゃ、また(´ω`)ノ~~~

神田の古本祭り 投稿者:管理人 投稿日:2007/10/30(Tue) 21:16 No.788
ども、管理人です。


先週末の土曜日は台風が来ました。
この日は神田の古本祭りがあったのですが、雨で中止になり、ショボーン (´・ω・`) でした。
というわけで、日曜日に行って来ました!
去年は行きそびれたので、今年は張り切っていたのですが、残念なことが一つ…。
最初の露天で大陸書房の本を見かけ、「マニアックな本だし、他の場所で安く売っているかもしれないから、帰りに買おう!」なんて思っていたら…誰かに買われてしまいました。・゜・(つд`)・゜・。
内容はアラブ近郊の遺跡についての紹介本で、特にイエメンの遺跡についての記事が充実していました。
イエメンの遺跡から発掘された謎の古代文字についての図説解説もありました。
イエメンの博物館で見て以来、気になっていた文字なので、読みたかったんだけどな…。
というわけで、悔しい思いもしましたが、他に面白そうな本も買えたので、自分的には満足でした。

【買った本】
  ・巨石人像(モアイ)を追って−南太平洋調査の旅
  ・神々のシンボルと謎の超古代史

お昼はタイ料理屋の屋台でグリーンカレーを食べました。
やっぱり無印のレトルトより美味だな〜と思いました。


マアトさん
お久しぶりです。お元気ですか?
私は相変わらずです。
別館の方は落ち着いたような気もします。
長く管理人をやっていると多少のことには免疫力がついたので心配は無用です。
毎日、快食・快眠で、やりたい放題やってます!

9月の遺跡番組の多さは異常でしたね。
でも、今もちょこちょこと遺跡関係の放送があるので、気が抜けません。
私も見るだけでヒーヒー言ってます。

古代の天才についての感想、興味深く拝読しました。
コンピューターのない時代、人々はどうやって暦を作ったり、巨大建造物を造ったり出来たのか、本当に不思議ですよね。
先日、NHKスペシャルで天才についての番組を観ました。

100年の難問はなぜ解けたのか 〜天才数学者 失踪の謎〜

この番組では100年の間、誰にも解けなかった、「ポアンカレ予想」という数学の難問を解いた数学者を紹介しているのですが、数学の天才という人たちの苦悩や格闘を垣間見られて、とても有意義な番組でした。
「計算する」という能力に長けている人たちは現代にもいますが、知識の蓄積が乏しかった古代の人たちは、また違った意味でスゴイと思います。

マヤの神官たちが頭の形を変形させる理由はいくつかあるそうですが、その一つに変形させることで頭が良くなるという考えがあったらしいです。(本当に効果があるのかは分かりませんが…)
マヤ人は身体に特徴がある人を神聖視したそうです。
石のレリーフには指の数が足りない王などが刻まれていますが、普通と違うことが尊ばれていた文化だったようです。
そういう土台があったからこそ、サヴァン症候群などの病を持った人も大切にされていたんじゃないかと思います。

サイトのデザインを変えてみたりと、よけいな作業にばかり時間を使ったりしてます。
秋は遺跡関係の展示会が少ないので、のんびりしています。
また、お暇でしたら遊びに来てください。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

NHK教育でやっている、「ホモ・サピエンス はるかなる旅(1)「奇妙な出会い〜“移動”から“定住”へ〜」」を見ました。
農耕前の人類たちがどうやって生活していたか、定住グループと移動グループの考え方の違いなど、切り口が斬新で面白かったです。
番組の中で、「穀物を挽くためにちょうど良い石があるところを定住場所に決めた…」というセリフがあり、へぇ〜と思いました。
意外と単純な理由なんだな…と思いました。


じゃ、また(´ω`)ノ~~~

お久しぶりです〜 投稿者:マアト 投稿日:2007/10/28(Sun) 14:58 No.786
大変ご無沙汰しております。いつも日参させていただいてはいるのですが;
管理人様におかれましてはお元気そうで何よりです。(別館の方も一応は落ち着いたのでしょうか。大変でしたね…もうメンタル的にも大丈夫ですか?)

各テレビ番組の感想も着々とUP、お疲れ様です。
9月は本当に遺跡番組が多く、“積ん録”ばかりでなかなか見られませんでした(^_^;
ザヒ博士、松田龍平くん&吉川晃司くんのレポ番組をようやく見終えましたが、肝心の吉村先生の方は未だ未見…;

ところで今読んでいる本によると、古代エジプト時代やマヤ文明の暦の正確さには、当時高い超能力を持った人間が寄与しているというのです。
遠い過去や未来の○月○日が何曜日かを言い当てる、いわゆるカレンダー計算能力者のことをサヴァン症候群というそうですが、宗教的儀式や穀物の種蒔き時が非常に重要だった当時、そういう能力を持った人たちに頼ることが多かったのだろうと。
それは必要性から人間が古来に持っていた能力で、現代の人間には退化してしまったもの。
私はそういう側面から古代遺跡を見たことがなかったので、自分にとって新たな切り口を発見したようで、非常に新鮮に感じました。

きっとそういう超能力を持った人たちは、考えているよりも意外と多かったのかも。
もちろん神官やシャーマンとは違うのでしょうね。

イベント潜入記のお引越しもすべて終わったようですね。お疲れ様でした☆
ブログタイプは見やすくて良いですね。
これからも楽しみにしています。

遺跡様の更新速度が速いので、こちらもなかなかすぐに全てを拝見できていないのですが、どうぞお体にお気をつけて頑張ってくださいね。
それでは〜v

ネス湖のネッシーは死んだらしい…と専門家が語る 投稿者:管理人 投稿日:2007/10/25(Thu) 22:22 No.779
ども、管理人です。


最近、ネッシーの目撃情報が減ったらしいです。
専門家の間では「死んだらしい」という意見も出ているそうです。
気になるニュースです。


珍しい番組の感想をアップしてみました。
「素敵な宇宙船地球号:エジプト巨大人造湖の奇跡」
この番組はどちらかというと自然を中心に取り上げていたので、自分とは関係ないな〜と思っていたのですが、今回、じっくり見て、切り口の面白さに驚きました。
しかしダムが出来た影響で砂漠に大雨が降るようになったという証言に不安がよぎりました。
泥レンガで出来た家なんて雨に耐えきれず、あっという間に溶けて流れてしまうと思います。
電気も大切だし、人の生活も大切…エジプトは厳しいところに立っているんだなと思いました。


じゃ、また(´ω`)ノ~~~

ごめんね、吉村先生! 投稿者:管理人 投稿日:2007/10/16(Tue) 23:34 No.774
ども、管理人です。


イベント潜入記の「吉村作治の早大エジプト発掘40年展」 の感想をアップし忘れてました…・゜・(つ∀`)・゜・ 恥ずかしい〜。
「イベント潜入記」を改装していて気が付きました。
公開はちょっと先になりそうですが、出来次第、公開しようと思っています。

「探検ロマン」の「一瞬の夏 荒野に生きる スウェーデン・エーランド島」を観ましたが…遺跡が…遺跡が…紹介されなかった!!・゜・(つД´#)・゜・。
巨石1個だけってどーゆーこと!?
舟形墓をチラリとも出さないなんて信じられません!
牛も大事だけど、それより島の歴史を語る巨石を紹介してよ!

しかし、いろんな意味で懐かしかったです。
あの美しい橋を自分も渡ったな〜と思うと、感動もひとしおです。
スウェーデンの夏至祭ってあんなに素朴なんですね。
おじさんたちが子供のようにはしゃいでいて、観ていて楽しくなりました。
ケルトの風習はこんな風に伝えられていくんだな〜と思いました。

カワイコちゃん集合 投稿者:管理人 投稿日:2007/10/11(Thu) 22:48 No.773
ども、管理人です。


「ドイツ・オーストリアでたれました」を新規アップしました。
意外と写真が少なくて、自分でもショボーンでした…(´・ω・`)
つまらない写真もたれぱんだがいると、なんとなく旅情を感じられるのが不思議です。
コミケでもぬいぐるみと旅する本が増えているので、そう感じる人が多いんでしょうね。

みのもんたさんの「日本ミステリー!3〜失われた真実に迫る」は、感想書こうと思いましたが日が過ぎてしまったのでやめました。
番組は2回も見直しました。面白かった!
剣山のアーク伝説はかなり前から話題になっていたので、今更って感じでしたがイスラエルの人たちがこぞって調査に来ているとは知らなかったので、それには驚きました。
聖徳太子の写真とか使われていましたが秦氏は蘇我氏とつながりがあるので、それを強調したかったのかな〜と思いました。

沖ノ島にカメラが入りましたね。
女は入れないので嬉しいと言えば嬉しいですが聖域が侵されたような気分にもなりました。
三女神は私も興味を持っている女神たちなので、何か面白い発見が報告されないかと期待していたのですが、そういうのはなかったですね。
ちょっと残念でした。
祇園祭とシオン祭の関係など、おおぉ!というようなレポもあって、本当にイスラエルの支族が日本に来ていたかもしれないと私も感じました。
日本は孤島なので、権力者から追われる人たちがやってくる可能性は高いと思います。
もっと研究が進めば、いろいろと面白い事実が判明するかも知れないと思うとワクワクします。


himeさん
わーい!本の写真、ありがとうございます。
可愛い我が子の姿を拝見できて、嬉しいやら恥ずかしいやらです。・゜・(ノ∀`)・゜・。
不出来な子ですが、何かのお役に立てば幸いです。

たれぱんだ写真館は、気がつけば黄昏風味になりました。
ドイツやオーストリアは、フランスと比べるとどことなく地味でしたが、良い意味で質素さがありました。
相変わらず無口大王な旅なので、あまり交流などはしませんでしたが、それでもいろんな人と接して楽しい思い出を作れました。

PCの方はとりあえず順調に動いていますが、故障してデータがなくなるのが一番困りますね。
昨日も大切なフォルダーが見つからなくて慌てました←現在も捜索中。
やっと涼しくなったので熱暴走の恐怖からは抜け出ることができました。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

雑誌「ニュートン」の今月号に、パルミラにある家族墓を3D化した記事が出てました。
パルミラのお墓というと、塔タイプのモノしか知らないので、とても興味深かったです。
紹介されていた墓には130人ほど埋葬されていたそうです。
パルミラの墓ってコインロッカーみたいになっているので、効率よく遺体を埋葬?出来るのですが、それにしてもスゴイ数です。
そのうち、「世界ふしぎ」で取り上げるかもしれないですね。

じゃ、また(´ω`)ノ~~~


リッチドール - 美裕 2012/06/18(Mon) 07:51 No.1689 ホームページ
密かにあたためているフェチ心を私たちと一緒に楽しみましょう(/∀\*)) http://www.fgn.asia/

パソコンも掃除が大切 投稿者:管理人 投稿日:2007/10/08(Mon) 23:53 No.769
ども、管理人です。


世界遺産の「ソロヴェツキー諸島の文化と歴史遺産群(ロシア)」を見ました!
ロシアの孤島になんと4000年前の遺跡が残ってました。
土と石で作られたラビリンス(迷路)ですが、とても興味深かったです。
地上から見ると良く分からないのですが、きっとケルトの渦巻き模様を表しているんじゃないかな〜と思いました。
あの地域には6つの島があるそうなので、他の島にも同じような遺跡があるのか気になりました。

世界ふしぎ発見ではトンガの遺跡(?)が出てました。
鳥居みたいな石の門なのですが、あれも面白かったです。
今回のメインは”くじら”でしたが、海の動物って大きいから、はまじもヒレではたかれた時は恐怖を感じたでしょうね。


sarsenさん
ども、(´ω`)ノ チョケキラウの写真、拝見しました。
観光化の一歩前って感じで、素朴な様子が伝わってきました。
キレイに修復された遺跡も勉強にはなるけれど、多少は土に埋もれたところも残っているとマニア心をくすぐりますね。
アンデネスの白いリャマには気が付かなかったのですか…。
あれって畑の正面から見ないと分からないんでしょうね。

先週は遺跡番組盛りだくさんで大変でしたが、今週はマッタリで良かったです。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

週末は久しぶりにパソコンが落ち、ディスプレイにブルー画面にあらわれ、「ハードディスクがみつからないよぉぉ」になりました。
ファンのホコリを落としたのが良かったのか、とりあえず状態が落ち着きました。
パソコンって本当に世話が大変です。

じゃ、また(´ω`)ノ~~~

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -